ゴモラのキャラクターデータ

ゴモラのキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、ゴモラの攻撃コマンドを紹介
※掲載しているコマンドは、キャラクターが画面左側にいる場合のもの
※ゴモラは、バトルモードを1回クリアすることで使用可能になります

技のダメージとグロッキー、フィニッシュについて

  • それぞれの技には相手に与えることができる「ダメージ量」が設定されている
  • 各キャラクターには「グロッキー数値」があり、相手の攻撃を受けると「30」でスタート
    時間経過で数値が徐々に減少していく
  • グロッキー数値は、攻撃を連続で当てることにより増加させることができ、これが「50」に達すると「グロッキー状態」となり、一定時間行動不能となる
  • 各バトルの最終ラウンドで、キャラクターがあと一撃で体力が0の状態になる攻撃(相手が立っている状態で、ダウン攻撃以外)を受けると「フィニッシュ状態」となる
  • 相手がフィニッシュ状態の時に光線技を使用すると、専用の演出を見ることができる

通常技

上段技のコマンド ダメージ 解説
ひっかき

←+△
→長押し+△
←長押し+△
13 右腕で殴りつける
コンボの起点として使用することが多い
跳びひっかき
↑+△
小ジャンプ中に△
25 相手に跳び込みながら、パンチで攻撃
上段尻尾振り

→長押し+◯
←長押し+◯
20 相手に背を向けながら、尻尾を叩きつける
単体よりも、コンボで重宝する技
顔面蹴り
←、→、◯
50 ドロップキックでダウンを奪う
相手に防御された時の反撃に注意
両手挟み撃ち
△+◯
60 両手を広げて、相手の左右から打ち付ける攻撃
ゴモラのリーチは短いが、ダウン効果あり
中段技のコマンド ダメージ 解説
バンザイアタック
↗+△
38 かかんだ体勢から跳び上がり、ダウンを奪う
相手が接近している時に使うといい
ボディーブロー
→+△
20 発動が速いパンチ攻撃
威力は低いので、他の技と合わせて使おう
跳び尻尾振り
↑+◯
小ジャンプ中に◯
28 軽く跳び、両足の間から尻尾で攻撃する
跳び膝蹴り
↗+◯
15 前に踏み込みながら蹴り上げる技
直後に投げ技を使用するのが有効
前蹴り
→+◯
15 片足を前に突き出すキック
コンボの起点で利用
中段尻尾振り
←+◯
52 ゴモラの尻尾攻撃の中でも特に使いやすい
相手をダウンさせる技として、攻撃の有効範囲を把握しておこう
腹潰し
大ジャンプ中に△
50 大ジャンプから巨体を浴びせて、ダウンを奪う
高威力だが、使用後の隙は大きい
尻潰し
大ジャンプ中に◯
46 大ジャンプから繰り出すヒップアタック
ダウン効果ありだが、腹潰しより威力が低い
振り向きフック
△(相手が背後にいる時に)
25 背後の相手にパンチを加える
動きが大きく、相手に防御されやすい
逆尻尾振り
◯(相手が背後にいる時に)
25 背後の相手に尻尾を振り上げる攻撃
後ろを取られた時は、こちらで迎撃
逆尻尾振り
◯連打(仰向け、うつ伏せ中に)
25 起き上がりながら尻尾で攻撃する
かち上げ頭突き
ダッシュ中に△
45 相手に突進後、頭突きで攻撃してダウンを奪う
威力は高いが、隙ができるので連発は避けるように
半回転跳び腹潰し
↓、↘、→+◯
54 側転気味に回転してキックを放つ
高威力の技で、相手をダウンさせる
ケンカキック
→、→、◯
20 前蹴りよりも前進距離が長いキック
逆水平頭突き
←、→、△
29 頭を振りかぶり、相手にぶつける技
下段技のコマンド ダメージ 解説
下段頭突き
↓+△
↙+△
↓長押し+△
↘長押し+△
↙長押し+△
24 首を突き出すような動きの頭突き
コンボの起点として使うことが多い
踏み込み下段頭突き
↘+△
24 動きの速い頭突き攻撃
直後にワンツーアッパー(△、△、△)を使うと、相手をグロッキー状態にできる
下段尻尾振り
↓+◯
↓長押し+◯
↘長押し+◯
↙長押し+◯
20 尻尾による下段攻撃
ダウンした相手の追い打ちにも使え、コマンドを繰り返すことで連発も可能
ローキック
↘+◯
15 相手の足元にキックを叩き込む
回転下段尻尾振り
↙+◯
20 体を一回転させ、尻尾で攻撃する
下段尻尾振りよりも少しリーチが長い
振り向き頭突き
↓+△(相手が背後にいる時に)
25 振り向きながら相手に頭突きをする
動きが遅く、反撃されやすい
逆下段尻尾振り
↓+◯(相手が背後にいる時に)
25 相手に背を向けた状態で尻尾攻撃
尻尾払い
↓+◯連打(仰向け、うつ伏せ中に)
30 起き上がりながら相手の足元を攻撃する
ダウン効果もある、実用的な技
滑り込み
ダッシュ中に◯
35 スライディングキックでダウンを奪う
意外と移動距離は長いが、近い位置で使った方がいい
下段振り回し頭突き
↓、↘、→+△
48 上体を大きく振りながら頭突きを当てる
隙が大きいので、コンボの直後などに使おう
回転すね払い
←、←、◯
46 体を回転させて、相手の足元を攻撃する
ダウンも奪えるが、足技のため、尻尾での攻撃よりもリーチが短い点に注意

連続技(コンボ)

※コンボのダメージは、全ての攻撃がヒットした場合の数値

連続技のコマンド ダメージ 解説
ワンツーアッパー
△、△、△
50 パンチボタンを3回連続で入力するコンボ
2回連続で使うと、相手をグロッキー状態にできる
ワンツーローヘッド
△、△、↓+△
52 ワンツーアッパーのアレンジ
2回連続で使うと、相手をグロッキー状態にできる
PKコンボ
△、◯
28 パンチとキックによるコンボ
相手に接近された時に使おう
PKコンボロー
△、↓+◯
28 PKコンボの2発目を下段蹴りにした技
威力は同等
ゴモラハッスル
◯、◯、◯
50 キック3連続のコンボ
3発目の膝蹴りは、やや発動が遅い
ゴモラハッスルロー
◯、◯、↓+◯
50 ゴモラハッスルのアレンジで、こちらも3発目の攻撃がやや遅れて出される
テイル&パンチ
◯、△
35 シンプルなコマンドのコンボ
最初の一撃で前進するため、次の攻撃を当てやすい
テイル&ロー
◯、↓+◯
35 尻尾と蹴りによる上下段攻撃
バンザイコンビネーション
△、△、→+△
66 左右のパンチからバンザイでダウンを奪う
前進しながら攻撃するので当てやすく、威力も高い
ワンツーニーキック
△、△、◯
43 左右のパンチと跳び膝蹴りのコンボ
ワンツーローテイル
△、△、↓+◯
48 左右のパンチと尻尾攻撃のコンボ
2回連続で使うと、相手をグロッキー状態にできる
逆水平コンビネーション
↓+△、△、△
77 ゴモラ最大のコンボ攻撃
1回の使用で相手をグロッキー状態にできる
膝コンビネーション
↓+△、△、◯
63 素早い動きのコンボで、出した後の隙が小さい
他のコンボと合わせて使おう
胃袋破り
→+△、◯
35 ひっかきと膝蹴りのコンボ
大きく前進するので、相手と距離を詰めたい時に
テイルタイフーン
↓+◯、◯、◯
60 尻尾による3連撃
高威力だが、技の動きが遅く、防御されやすい
ダブルケンカキック
→+◯、◯
35 左足を2回連続で蹴り出す技

投げ技、ダウン追い打ち、特殊技

技のコマンド ダメージ 解説
抱き潰し
△+□
72 相手の体を抱え上げ、締め上げる技
直後に追い打ち攻撃しやすい
反り投げ
◯+□
80 相手の頭を押さえ込んで、弾き飛ばす技
威力が高く、動きも速い
突き倒し潰し
△+□(相手の背後で)
88 相手を組み伏せて、上からのしかかる技
投げ技では最も高威力だが、相手に十分接近しなければ発動しない
踏み潰し
↑+△(相手がダウン中に)
28 相手に向かって飛び、両足で踏みつける
遠くからでも使用できるが、相手にかわされる可能性もある
下段頭突き
↘+△(相手がダウン中に)
24 ダウンした相手に角で攻撃する
連続で当てやすい技
ぶんまわし突き
←、←、△
120 ゴモラの必殺技で、光線ではないが大きなダメージを与えられる
ただし、技が発動するまでの時間が非常に長いので、光線技と同様にグロッキー状態など、タイミングを計って使わないと当てるのは難しい

ゴモラの戦い方

『ウルトラマン Fighting Evolution(ファイティングエボリューション)』のゴモラは、全キャラクターの中で、唯一光線技を持っていません。
その代わりに、特殊技として「ぶんまわし突き」を使うことができるようになっており、その威力は他のキャラクターが使用する光線技を上回ります。

通常攻撃では、パンチやキックの他に角を活かした頭突きや、尻尾による技を多く持っていて、両手挟み撃ち(△+◯)や中段尻尾振り(←+◯)、半回転跳び腹潰し(↓、↘、→+◯)のように高威力の技もあります。

特に、尻尾による攻撃は強力で、エレキングよりはやや短いものの、攻撃力の高さから、それに引けを取らない戦いができるでしょう。

コンボでは、ワンツーアッパー(△、△、△)やワンツーローヘッド(△、△、↓+△)、ワンツーローテイル(△、△、↓+◯)の3つに、2回連続の使用で相手をグロッキー状態にする効果があります。

逆水平コンビネーション(↓+△、△、△)に至っては、全ての攻撃をヒットさせるだけで相手をグロッキー状態に追い込めるため、ぜひコマンドを覚えておきたいところです。

ゴモラは攻撃力の高い技を多く使用できますが、その動作は他のキャラクターよりも遅いので、通常技の組み合わせやコンボで相手をグロッキー状態にしてから、投げ技や追い打ち攻撃を加える戦法が基本となります。

必殺技のぶんまわし突きは、光線技よりも威力が高いですが、その分発動までのモーションも長めになっています。
通常攻撃や投げ技などで相手をグロッキー状態に追い込んでから、必殺技を使うようにしましょう。

0