マグマ星人のキャラクターデータ

マグマ星人のキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、マグマ星人の攻撃コマンドを紹介
※掲載しているコマンドは、キャラクターが画面左側にいる場合のもの
※マグマ星人は、バトルモードを2回クリアすることで使用可能になります

技のダメージとグロッキー、フィニッシュについて

  • それぞれの技には相手に与えることができる「ダメージ量」が設定されている
  • 各キャラクターには「グロッキー数値」があり、相手の攻撃を受けると「30」でスタート
    時間経過で数値が徐々に減少していく
  • グロッキー数値は、攻撃を連続で当てることにより増加させることができ、これが「50」に達すると「グロッキー状態」となり、一定時間行動不能となる
  • 各バトルの最終ラウンドで、キャラクターがあと一撃で体力が0の状態になる攻撃(相手が立っている状態で、ダウン攻撃以外)を受けると「フィニッシュ状態」となる
  • 相手がフィニッシュ状態の時に光線技を使用すると、専用の演出を見ることができる

通常技

上段技のコマンド ダメージ 解説
スラスト

↑長押し+△
→長押し+△
13 素早い動きでサーベルを突き出す
隙が少なく、利用機会が多い
ストレートスラスト
→+△
22 より威力の高いサーベル突き
しかし、発動がやや遅く、他の技につなげにくい
スピンキック

→長押し+◯
←長押し+◯
20 相手に背を向けながらの回し蹴り
単発で奇襲技に使えるほか、コンボにも利用
ダッシュスイング
ダッシュ中に△
45 相手に駆け寄りながら、サーベルを水平に振るう
動作を読まれないように近距離で使おう
中段技のコマンド ダメージ 解説
ダブルスラスト
↑+△
56 相手の懐に入り込み、サーベルで突きあげる
威力が高く、ダウン効果もある
ジャンプスイング(1)
↗+△
23 跳び上がって、サーベルを振り下ろす
攻撃後にやや隙が生じる
ジャンプスイング(2)
↑長押し+△
小ジャンプ中に△
25 ジャンプスイングの別バージョン
こちらの方が隙は小さい
チョッピングスイング
←+△
15 前進しながらサーベルで斬りつける
ジャンプサイドキック
↑+◯
小ジャンプ中に◯
25 素早い動きの跳び蹴り
やや離れた位置からでも当てられる
ジャンプニーキック
↗+◯
22 相手に跳び込み、膝蹴りで攻撃
発動後の隙が大きい
サマーソルトキック
↖+◯
48 ダウン効果もある宙返りキック
威力も高いので、3D移動と合わせて使おう
ミドルキック
→+◯
20 相手の頭部へキックする
ボディーソバット
←+◯
19 ミドルキックよりも攻撃距離の長い蹴り技
ローリングスイング
大ジャンプ中に△
38 大ジャンプから、サーベル攻撃でダウンを奪う
発動後の隙が大きいので、空振りに注意
ダイビングヒールドロップ
大ジャンプ中に◯
44 大ジャンプからの踵落とし
ダウン効果もあり、高威力の技
ターンストレート
△(相手が背後にいる時に)
25 背後の相手をサーベルで突く
威力は低めだが、発動が速い
カンガルーキック
◯(相手が背後にいる時に)
25 背後の相手に中段キック
離れた位置からでも当たるが、発動が遅い
バックターンキック
◯連打(仰向け、うつ伏せ中に)
25 起き上がりながらキックを出す
追い打ちを狙う相手の迎撃に
ショートドロップキック
→、→、◯
38 相手に駆け寄り、キックで攻撃
離れた位置からでも当てやすく、ダウン効果あり
バックスピントラースキック
←、←、◯
42 振り向きながら、高い位置へキック
こちらへ近づく相手の迎撃に
ダッシュスラスト
△+◯
20 走りながら、サーベルを突き出す攻撃
ダウン効果はないが、非常にリーチが長い
下段技のコマンド ダメージ 解説
シットジャブ
↓+△
↓長押し+△
↘長押し+△
↙長押し+△
13 しゃがんだ体勢から、左手のカギ爪で攻撃
シットスラスト
↘+△
15 相手の足元にサーベルで攻撃
動きが速く、リーチも長いため使いやすい
ロースイング
↙+△
24 サーベルですくい上げるように攻撃
相手の連続技対策に
シットキック
↓+◯
↓長押し+◯
↘長押し+◯
↙長押し+◯
15 連発も可能なしゃがみキック
攻撃距離が短いので、接近している時に使おう
ローキック
↘+◯
20 立った状態で繰り出す下段蹴り
ダブルローキック
↙+◯
30 遠心力を利用したキックでダウンを奪う
有効距離が長く、追い打ち攻撃にも使える
ローカットライト
↓+△(相手が背後にいる時に)
25 振り向きながら相手の足にカギ爪攻撃
動作が速いので、すぐに向きを変えたい時に
ショートターンロー
↓+◯(相手が背後にいる時に)
25 振り向きながらキックを出す
動作は速いものの、攻撃できる距離が短い
バックターンローキック
↓+◯連打(仰向け、うつ伏せ中に)
30 起き上がりながら相手の足元を攻撃する
ダウン硬貨があるので、相手への迎撃用に
スライディング
ダッシュ中に◯
36 スライディングキックでダウンを奪う
相手との距離が離れた時に使うといい

連続技(コンボ)

※コンボのダメージは、全ての攻撃がヒットした場合の数値

連続技のコマンド ダメージ 解説
スラストラッシュ
△、△、△
50 パンチボタンを3回連続で入力するコンボ
使用後に長めの硬化時間が生じる
スラストロー
△、△、↓+◯
43 スラストラッシュのアレンジ
こちらの方が、使用後の隙は小さい
PKコンボ
△、◯
33 サーベル突きとキックによるコンボ
使用後に、サーベルを構え直す動きが入る
PKコンボロー
△、↓+◯
43 サーベルを突き出してから、ローキックで攻撃
相手をダウンさせる効果がある
ファストキックコンボ
◯、◯、◯
65 キック4連続のコンボで、ダウン効果なし
高威力だが、使用後が隙ができるので注意
ファストキックコンボロー
◯、◯、↓+◯
69 ファストキックコンボのアレンジで、ダウン効果あり
相手がダウンしたら、すぐに追い打ち攻撃を
スピンキック&スラスト
◯、△
34 シンプルなコマンドのコンボ
発動後は、すぐに他のコンボにつなげよう
スピンキック&ロー
◯、↓+◯
40 蹴りによる上下段攻撃
マグマストライク
←+△、△、△、△
72 サーベルを上下左右に振り回しての4連撃
威力も高いが、使用後わずかに隙が生じる
マグマストライクロー
←+△、△、△、◯
79 マグマストライクの最後をキックにしたコンボ
ダウンを奪え、隙も小さいので実用的な技
ロースラストコンボ
↘+△、△
33 低い姿勢から、2連続の突きで攻撃する
ソバットコンビネーション
←+◯、△、△、△
64 ソバットから、サーベルを3回連続で振り下ろす
1発目のキックがヒットすれば残りの攻撃も当たる
ソバットコンビネーションロー
←+◯、△、△、◯
63 ソバットコンビネーションのアレンジ
ダウン効果がないため、使う機会は少ないか
サプライズローキック
↘+◯、△、△、△
67 ローキックから、サーベルでの連続斬りつけ
コンボ後に硬化時間がある
スピンキックコンボ
←+◯、◯、◯
54 中下上の順番でキック攻撃を放つ
相手をかく乱しやすい技
フォアスラスト
↓、↘、→+△
40 サーベルでの4連突き
技の動きを読まれやすいので、使うタイミングに注意

投げ技、ダウン追い打ち、光線技

技のコマンド ダメージ 解説
ハンギングスラスト
△+□
57 相手の首をつかんで持ち上げ、サーベルで刺す
ダウンしたら、すぐに追い打ち攻撃を
ネックブリーカースラスト
◯+□
52 ラリアットの勢いで相手を倒す技
ブルドッギングヘッドロック
△+□(相手の背後で)
58 相手の背後から首を取り、体を倒させる
光線技を出された時に、回り込んで使おう
フットスタンプ
↑+△(相手がダウン中に)
27 相手に向かって飛び、両足で踏みつける
離れた位置から使用した場合は、逆立ちでサーベルを突き刺す攻撃に変化
踏み付け
↘+◯(相手がダウン中に)
25 ダウンした相手をキックで攻撃
追い打ちには、フットスタンプの方が有効
サーベルレーザー
△+◯+□
100 マグマ星人の必殺技で、空中で右腕を回転させた後、サーベルの先端から光線を放つ
ガードや3Dで回避されることもあるので、撃つタイミングには気を付けたい

マグマ星人の戦い方

『ウルトラマン Fighting Evolution(ファイティングエボリューション)』のマグマ星人は、右腕のサーベルを使った攻撃や、キックなどの素早い動きの技を得意とするキャラクターです。

通常攻撃では、複数の技を連続で使用する戦法が有効ですが、技を出した後にサーベルを構え直すなどの動きが入り、硬直時間が発生するものも少なくありません。
そのため、威力の高い技だけに頼らずに、隙の少ない技を使ってから大技を出すなど、闘い方を工夫した方がいいでしょう。

高威力の通常技には、ダッシュスイング(ダッシュ中に△)やサマーソルトキック(↖+◯)、ダイビングヒールドロップ(大ジャンプ中に◯)、スライディング(ダッシュ中に◯)などがありますが、他の技も組み合わせて使ってください。

コンボでは、マグマストライクロー(←+△、△、△、◯)で相手をダウンさせることができるほか、スラストラッシュ(△、△、△)を2回連続で使用したり、△、△からファストキックコンボ(◯、◯、◯)を使用したりすることで相手をグロッキー状態にできるため、そこから投げ技に移行するのもいいでしょう。

コンボでも、技の終了時に硬直時間が発生する技があるので、あえてコマンド入力を途中で止めて、他の技やコンボにつなぐという戦法を覚えると、隙を減らすことができます。

必殺技のサーベルレーザーは、『FE1』の光線技の中でも特に発動前のモーションが大きいため、通常時に使用しても相手に動きを読まれてしまいます。
相手のグロッキー状態やフィニッシュ状態を利用して使うようにしてください。

0