キングジョーのキャラクターデータ

キングジョーのキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、キングジョーの攻撃コマンドを紹介
※掲載しているコマンドは、キャラクターが画面左側にいる場合のもの

ファイティングエボリューション2の必殺技について

  • 各キャラクターには、体力の他に疲労度を表す「ふらふら値」が設定されている
  • 通常技やつかみ技を受けることで、キャラクターの「ふらふらゲージ」が上昇する
  • 「ふらふらゲージ」が上昇した状態で、「ふっとばし攻撃」を受けると、ゲージが0になるまで行動不能(ふらふら状態)となる
  • 対戦者は、相手がふらふら状態の時にL1+R1ボタンを押し続けることで、必殺技ゲージをためることが可能となり、ゲージが一定値に達することで、必殺技を発動することができる
  • ふらふらゲージは、ふっとばし攻撃を受けた後に減少するようになるため、これが0になるまでに必殺技を使用しなければならない
  • ふらふらゲージの量が不足していたり、ゲージが0になるまでに必殺技ゲージがためられなかったりした場合、必殺技は不発となる

通常攻撃

コマンド アクション
平手打ち
通常打撃
左手を相手に叩きつける攻撃
連続平手打ち
□、□、□
連続打撃
左右の手で3連続攻撃
しゃがみチョップ
↓+□
しゃがみ打撃
膝をつく姿勢で、相手にチョップを放つ
行進キック
→+□
ゆっくり歩きながら、つま先で蹴り出す攻撃
右ストレート
←+□
右腕を大きく振り抜くパンチ
右アッパー
↘+□
腰の高さから一気に突きあげるパンチ
動きは遅いものの、相手をダウンさせる効果がある
ダブルスクリュー
↙+□
前方に両腕を突き出し、手の部分を回転させてダメージを与える
両腕振り下ろし
↗+□
状態を後ろに反らせてから、一気に両腕で攻撃
相手をダウンさせることができる
ボディプレス
ジャンプ直後に□
ジャンプ打撃
相手に覆いかぶさるような動きの体当たりでダウンを奪う
大回転アタック
ジャンプ中に□
ジャンプ打撃
空中で両腕を広げて回転する攻撃により、相手をダウンさせる
スライディング
走り中に□
走り打撃
両足から相手の足元に滑り込み、転倒させる
マウントアタック
走り中に×
押し倒した相手の体に乗り、両腕を叩きつける

特殊攻撃(つかみ、投げ技、必殺技)

コマンド アクション
モンゴリアンチョップ
×、□
相手の体に両手でチョップを浴びせる
□を追加入力することで、連続攻撃も可能
ラリアット
×、→+□
水平に構えた状態から、右腕を相手に叩きつける
連続突き
×、←+□
左右の手のひらによる連続攻撃
攻撃後に相手から離れるため、連発はできない
のしかかり
×、×
相手に向かって倒れ込み、ダメージを与える
ふらふらゲージを一気に稼げる
リフトアップスラム
×、→+×
相手の体を頭上に持ち上げ、投げ飛ばす
のしかかりよりもふらふらゲージ上昇は少ないが、与えるダメージは大きい
アームホイップ
×、◯
右腕で相手の片腕をつかみ、連続で地面に体を叩きつける技
使用後は、すぐに必殺技ゲージをためよう
破壊光線
L1+R1で必殺技ゲージを「青」までためて離す
キングジョーの必殺技で、顔面から光線を放つ
分離破壊光線
L1+R1で必殺技ゲージを「黄」までためて離す
キングジョーの必殺技で、分離した4つの各パーツが回転しながら光線を発射し、大ダメージを与える

キングジョーの戦い方

『ウルトラマン Fighting Evolution 2 (ファイティングエボリューション2)』のキングジョーは、硬い装甲を持っており、それを活かした攻撃を得意としているキャラクターです。

その体から繰り出される攻撃には、大きなダメージを与えられるものが多いですが、中でもボディプレス(ジャンプ直後に□)はコマンドも使いやすく、攻撃の主力として使うことができます。

また、硬い装甲は防御の面でも有効で、他のキャラクターよりも攻撃によって受けるダメージの量も少なめであることから、接近戦においてはかなり有利に作用すると思います。

その反面、各攻撃のモーションはやや遅く、移動速度に関してはかなりゆっくりしたものになっているため、リーチの長い攻撃には苦戦を強いられるかもしれません。

ふらふらゲージを稼ぐ攻撃では、のしかかり(×、×)が大変優秀で、3~4回の使用でゲージを100%にすることができます。
さらに、キングジョーの通常ふっとばし攻撃は、頭からの体当たり攻撃になっており、そのモーションも非常に速いことから、他のキャラクターよりも安定して必殺技を使うことが可能です。

必殺技では、必要ゲージ量の少ない「破壊光線」を中心に戦ってもいいですが、キングジョーはふらふらゲージをためやすいキャラクターですので、100%までためてから「分離破壊光線」を使用してもいいでしょう。
相手に距離を取られると苦しくなるので、自身の攻撃が届く範囲を常に意識して戦うようにしてください。

0