キングジョーのキャラクターデータ

キングジョーのキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、キングジョーのデータを紹介

キングジョーとは

キングジョーは、1968年に放送された特撮番組『ウルトラセブン』に登場した宇宙ロボットです。

『ウルトラセブン』では、第13話と第14話に登場しており、策略宇宙人ペダン星人によって作られたスーパーロボットという存在でした。
強靭な腕力と固い装甲を持っていて、劇中ではセブンのエメリウム光線やアイスラッガーをはねのけるなど、強敵として描かれていました。

『ウルトラセブン』では、セブンと破壊兵器「ライトンR30爆弾」によって破壊されましたが、その後も『平成ウルトラセブン』シリーズや『ウルトラマンマックス』『ウルトラマンX』など、多数の作品に登場しています。

ゲーム内でも、その強さが再現されており、身体を4つのパーツに分けた状態での攻撃も行うことができます。

プロフィール(キングジョー)

キングジョーが『ウルトラセブン』に登場したときのデータを紹介

  • 身長 55メートル
  • 体重 4万8千トン
  • 出身地 ペダン星
  • 劇中での行動
    ペダン星人によって呼び出され、分離形態で登場後、合体して防衛センターを襲った。
    この際、セブンの様々な技を退ける強さを見せて追い込んだが、セブンのタックルを受けて転倒した後、分離してその場を去っている。
    その後、ペダン星人の地球侵略のために再度呼び出され、神戸港で破壊の限りを尽くしたが、ライトンR30爆弾の砲撃で破壊され、そこから脱出を試みたペダン星人の円盤は、セブンのワイドショットによって撃墜された。

カスタマイズできる技の解説

キングジョーのバトルモードでは、5体目の相手がウルトラセブンとなります。

技名 威力 技の解説
分離怪光線 A 身体を4つのパーツ(頭と腕、胸部、腹部、足)に分離し、それぞれが光線を発射する技
ゲームではキングジョー唯一の必殺技
ゲーム開始時点から使用可能
怪光線 頭部の目のような部分から放たれる破壊光線
「デスト・レイ」とも呼ばれ、この光線は鋼鉄も溶かす高熱となっている
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
バリア技 なし
援軍攻撃 L1ボタンで使用できる攻撃方法
ペダン星人の円盤が援護攻撃
タイプチェンジ なし

基本戦術とおすすめの攻撃方法

キングジョーは、このゲームの中で屈指の耐久力を誇るキャラクターです。
その攻撃中に相手の攻撃を受けても行動を中断されることが少なく、一方的に攻め続けることができます。

通常攻撃は、□□□による連続した攻撃だけでも強力ですが、これに続けてつかみ技を出す戦法も有効です。

その他、ウルトラマンコスモス(ルナモード)のフルムーンレクトを無効化することもできるなど、ウルトラ戦士相手に強いキャラクターと言えるでしょう。

動きはあまり早くないため、相手に距離を取られたときは怪光線で対抗しましょう。

ゲーム以外のキングジョーデータ

キャラクター名 解説
キングジョーII 『平成ウルトラセブン』に登場した
過去に倒されたものをレスキューロボットとして利用するために復元されたが、暴走してしまった
セブンのウルトラノック戦法によって倒される
侵略ロボットキングジョー 『ウルトラマンマックス』に登場した
ゼットン星人が侵略兵器として送り出したもので、分離形態での超高速飛行や、胸部のキング連射砲、キングパンチなどの能力を持つ
マックスのマクシウムカノンによって破壊された
キングジョー(X) 『ウルトラマンX』に登場した機体
分離状態で地球に飛来した後、合体し街を破壊し、エックスを相手にしても優勢に戦い続けた
特定の宇宙人ではなく、無人機が稼働していたものと考えられる
エックスのギャラクシーカノンによって倒される
キングジョーブラック 『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』登場した機体
キングジョーの強化型に位置付けられており、黒いボディとなっていることが特徴
右腕には「ペダニウムランチャー」という銃が着いており、攻撃手段として使用される

 

0