ツインテールのキャラクターデータ

ツインテールのキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、ツインテールのデータを紹介

ツインテールとは

ツインテールは、1971年に放送された特撮番組『帰ってきたウルトラマン』に登場した古代怪獣です。

その名前通り、2本の尻尾を駆使するほか、牙での噛みつき攻撃を武器にして戦いました。
『帰ってきたウルトラマン』では、第5話と第6話に登場しており、同時期に登場した地底怪獣グドンとともにウルトラマンジャックを苦しめ、一度は倒しています。

地上では、体をブーツのように直角に立てた状態で移動することが特徴で、その独特のフォルムは他の怪獣と一線を画しています。
また、放送当時の怪獣図鑑などでは「肉はエビに似た味をしている」と紹介されたことも特撮ファンの間では有名になっています。

劇中では、天敵であるグドンと一時共闘しましたが、MATの攻撃により両目が見えなくなったことから、誤って尻尾に噛みついてしまったグドンによって倒されてしまいいました。

ゲームでは隠しキャラクターとなっており、条件をクリアすることで使用できるようになります。

プロフィール(ツインテール)

  • 身長 45メートル
  • 体重 1万5千トン
  • 出身地 新宿地下のビル工事現場
  • 劇中での行動
    新宿の地下工事現場から見つかった卵から誕生し、同時期に出現したグドンとともにウルトラマンジャックと戦い、一度は勝利した。
    2回目の戦いでは、MATの攻撃で両目を負傷したことから誤ってグドンの尻尾に噛みついてしまい、グドンの怒りを買っことで倒されてしまった。

カスタマイズできる技の解説

ツインテールのバトルモードでは、5体目の相手がグドンとなります。

技名 威力 入手方法など
連続たたきつけ B 2本の尻尾で相手の体をつかみ、前後に繰り返し叩きつける攻撃
ゲーム開始時点から使用可能
相手の「必殺技吸収」や「バリア技」の影響を受けない
暴れる 力をためた後、尻尾で殴りつける
ためた後の攻撃は通常よりも高威力となり、相手に与えるふらふらゲージの量のアップする
ボタンを押し続けることでその威力は上昇し、最大パワーでの攻撃は、相手のガードをも弾き飛ばす
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
バリア技 なし
援軍攻撃 なし
タイプチェンジ なし

基本戦術とおすすめの攻撃方法

ツインテールは、他のキャラクターのように手足を持たないことから、その動きに大きな制限があり、基本操作ではジャンプやしゃがみ、つかみなど、前後の移動以外のアクションがほとんど行えません。
軸ずらしは可能ですが、その動きは遅く、ダッシュからの前転攻撃も相手に当てるのは難しいです。

そのため、有効な攻撃手段は□や△での基本的なものに限られてきます。
前方で尻尾を連打する□と、前後に尻尾を大きく振る△は、どちらも素早く繰り出すことができ、△の方は連続で当てると相手をダウンさせることもできます。

さらに、特殊攻撃の暴れるで攻撃力を上げることができるので、これらを組み合わせて戦っていきましょう。

必殺技の連続たたきつけは威力Bの技ですが、意外と大きなダメージを与えることができます。
比較的少ないゲージで出せ、ふっとばし攻撃も当てやすいので、積極的に使っていきたいところです。

隠しキャラ、その他のデータ

ツインテールは、ゲーム内で隠しキャラクターとして設定されています。
ここでは、その他にゲーム以外での登場作品も紹介します。

キャラクター名 入手方法・解説
ツインテール
(キャラクター解放)
ウルトラモード「二大怪獣東京を襲撃」をプレイ評価ランクA以上でクリアする
ツインテール(メビウス) 『ウルトラマンメビウス』に登場した個体
劇中では水棲怪獣であることが紹介されており、陸上とは異なり、体を伸ばした状態で泳ぐことができる。
水中での戦闘能力は高く、メビウスを苦戦させた。
ツインテール(オーブ) 『ウルトラマンオーブ』劇場作品のスピンオフ『ウルトラファイトオーブ』に登場した
亡霊魔導士レイバトスによって、過去に倒された個体が復活したもので、グドンとともにウルトラマンジャックと再戦した。
しかし、ジャックのウルトラランスによって倒されている。
0