タイラントのキャラクターデータ

タイラントのキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、タイラントのデータを紹介

タイラントとは

タイラントは、1974年に放送された特撮番組『ウルトラマンタロウ』に登場した怪獣です。

『ウルトラマンタロウ』第40話で、ウルトラ兄弟に倒された怪獣の怨念が集まったものとして、「暴君怪獣」の異名を持っています。

その体は、『タロウ』以前に登場した怪獣や宇宙人の部位で構成されており、それらを活かした攻撃を行うことができます。

劇中では、太陽系の各惑星でウルトラ兄弟5人と戦っており、連戦でありながらその全てを打ち倒す強さを見せました。
地球に到着した後、ウルトラマンタロウと激しい戦いを繰り広げましたが、自身の武器を変化させて作られたウルトラランスによって倒されました。

複数の怪獣の能力を持つという特徴から、『タロウ』以降の作品で強敵として登場することも多く、各部位を使った多彩な技も披露されています。

その他、ゲーム『ファイティングエボリューション』シリーズの一つ、『ウルトラマン『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』では、改造タイラントや改造タイラントIIといったオリジナルの個体も登場しました。

ゲームでは、腕のムチを使った必殺技や、火炎、冷気による攻撃などを使えるキャラクターとなっており、劇中同様の強さを発揮することができます。

プロフィール(タイラント)

タイラントが『ウルトラマンタロウ』に登場したときのデータを紹介

  • 身長 62メートル
  • 体重 5万7千トン
  • 出身地 宇宙(海王星)
  • 各部位の構成:顔→シーゴラス、耳→イカルス星人、腹部→ベムスター、背中→ハンザギラン、両腕→バラバ、両足→レッドキング、尻尾→キングクラブ
  • 劇中での行動
    ウルトラ兄弟に倒された怪獣の怨念によって、海王星で誕生する。
    海王星で偵察中だったゾフィーと遭遇したが、これを倒し、以降、天王星でウルトラマン、土星でウルトラセブン、木星でウルトラマンジャック、火星でウルトラマンAと、ウルトラ兄弟を次々に撃破している。
    その後に到着した地球では、ウルトラマンタロウと戦い、バラバの能力である腕のムチでの攻撃を行ったが、タロウによってムチを槍に変化させた「ウルトラランス」によって倒された。

カスタマイズできる技の解説

タイラントのバトルモードでは、5体目の相手がウルトラマンタロウとなります。

技名 威力 技の解説
ワイヤー大回転 A 左腕のワイヤーで相手を捉えて、振り回し、地面に叩きつける大技
ゲーム開始時点から使用可能
一部のキャラクターが持つ「必殺技吸収」の影響を受けない
冷気攻撃 腹部から冷気を放射し、相手を凍らせる
相手の動きを一時的に封じる技
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
火炎攻撃 口から火炎を放射して、相手の全身を焼く
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
ほえる 大きな声でほえ、次に出す攻撃の威力をアップさせる
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
バリア技 なし
援軍攻撃 なし
タイプチェンジ なし

基本戦術とおすすめの攻撃方法

タイラントは、強力な必殺技と多彩な特殊攻撃を持つキャラクターです。
通常攻撃の□□□や、有効範囲の広いつかみ攻撃を起点にして戦うといいでしょう。

特殊攻撃の冷凍攻撃は、相手の動きを止める効果があるため、拘束中に火炎攻撃を行い、再度冷凍と繰り返すことで一方的に戦いを進めることも可能です。

攻撃力を上げる技も持っているので、自分に合った戦い方を見つけてみましょう。

ゲーム以外のタイラントデータ

キャラクター名 解説
タイラント(ギャラクシー) 『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場した
キール星人グランデが操る怪獣で、『タロウ』の個体よりも強くなっている
劇中では、火炎や冷気での攻撃以外に脚や尻尾での攻撃、耳から発射するアロー光線なども披露した
タイラント(ゼロ) 『ウルトラマン列伝』内のドラマ『ウルトラゼロファイト』に登場した
劇中では、テンペラ―星人極悪のヴィラニアスとタッグを組み、ウルトラマンゼロと戦った
これまで登場した攻撃のほか、ベムスターの吸収能力で光線を自身の腹に誘導するなど、新たな戦法を見せた
改造タイラント
改造タイラントII
ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』に登場した
改造タイラントは、タロウに倒された個体を強化改造し、復活したもので、タロウよりも巨大な体で、体型も四つ足に変わっている
改造タイラントIIは、上記の改造体が暴走して骨になったもので、周囲にある怪獣の怨念で体力を回復するなど、独自の能力を発現した

 

0