バキシムのキャラクターデータ

バキシムのキャラクターデータ

プレイヤーキャラクター、バキシムのデータを紹介

バキシムとは

バキシムは、1972年に放送された特撮番組『ウルトラマンA』に登場した超獣です。
「一角超獣」の別名を持っており、『A』初期の超獣の中でも人気の高い存在となっています。

Aの敵であるヤプールが、地球のイモムシと宇宙怪獣を合体させて作った超獣で、くちばしや手から発射するミサイル、火炎などを武器に戦うことができます。

また、登場する際に空を割って現れるという独特の描写のインパクトから、印象に残ることも多い超獣と言えます。

青とオレンジによる配色と、角やトゲによるデザインはウルトラ怪獣の中でも特に優れたものとして高く評価されていて、その後のシリーズ作品に登場する機会も少なくありません。

ゲーム内では、体の様々な部分からミサイルを発射する攻撃のほか、火炎攻撃など、離れた所にいる相手にも攻撃を行う手段が豊富なキャラクターとなっています。
隠しキャラクターとなっており、条件をクリアすることで使用できるようになります。

プロフィール(バキシム)

バキシムが『ウルトラマンA』に登場したときのデータを紹介

  • 身長 65メートル
  • 体重 7万8千トン
  • 出身地 異次元
  • 劇中での行動
    人間への変身能力を使用し、最初は少年の姿で登場した。
    飛行中の旅客機の破壊や、成りすました少年の家族と身近な人間の殺害、祖父母の家を炎上させるなど、数々の残虐な行為で、人間に被害を与えた。
    Aとの戦いでは、ロケット弾による攻撃を実行したが、火炎放射はバリアでふさがれ、最後にはウルトラスラッシュによって倒されている。
    バキシムが成りすました少年(本物)は、事件前に事故死していたことが判明した。

カスタマイズできる技の解説

バキシムのバトルモードでは、5体目の相手がウルトラマンAとなります。

技名 威力 技の解説
全弾発射 A 両手からミサイルを連射した後、鼻からのミサイルでとどめの一撃を与える技
ゲーム開始時点から使用可能で、一部のキャラクターが持つ「必殺技吸収」の影響を受けない
角ミサイル 頭部の角をミサイルとして発射する
角は消滅するため、1回のバトルで1度しか使用できない
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
火炎放射 両手から高温の火炎を放つ技
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
鼻ミサイル 鼻からミサイルを発射する
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
小型ミサイル 両手から小型ミサイルを連続発射する
特殊攻撃として、ゲーム開始時点から使用可能
バリア技 なし
援軍攻撃 なし
タイプチェンジ なし

基本戦術とおすすめの攻撃方法

バキシムは、多彩な特殊攻撃を持つ、火力重視のキャラクターです。
他のキャラクターと違い、□や△での連続攻撃は不得意ですが、特殊攻撃をその代わりとして使用することができます。

ダウン効果のある火炎放射は、特殊攻撃としては発動スピードが速いため、そこから各ミサイルによる攻撃につなげるといいでしょう。

角のミサイルは1回のバトルで1度しか使えないですが、ふっとばしの効果があるので、ここぞというときの切り札に利用しましょう。

隠しキャラ、その他のデータ

キャラクター名 解説
バキシム
(キャラクター解放)
ウルトラモード「怪獣標本」で、バキシムを捕獲し、ウルトラマンと戦わせ、その体力を0にする
※バキシムはミッション後半にならないと出現しないため、それまでは他の怪獣を捕獲し続けること
バキシム(メビウス) 『ウルトラマンメビウス』に登場した
この個体は、両目を照準器として利用する機能が備わっており、初代と同様の兵器で正確に攻撃するために利用された
メビウスブレイブのメビュームナイトブレード・ブレードオーバーロードによって倒された
バキシム(SD) 『ウルトラマンギンガS』に登場した
アンドロイド・ワンゼロがスパークドールズとして使用していたものをヤプールが奪い、利用された
その後、巨大化したヤプールとともにギンガストリウム、ビクトリーと戦ったが、ビクトリーに倒されている
バキシム(ビクトリー) 『ウルトラファイトビクトリー』に登場した
ヤプールが、レオ兄弟に対して刺客としてベロクロンやドラゴリーなどの超獣とともに送り込んだ
レオとアストラの2人にダブルキックで倒された
クグツバキシム Webドラマ『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』に登場した
相手の意志を奪う毒「クグツ」を注入されたことによって、操り人形と化した存在で、破壊活動をおこなった
オーブやダイナ、コスモスとの交戦の末、回収された後にクグツを解毒され、宇宙に返されている

 

0