仮面ライダーダークカブトのキャラクターデータ

仮面ライダーダークカブトのキャラクターデータ

「お前を倒す……それが俺の存在理由だ!」
プレイヤーキャラクター、仮面ライダーダークカブトのデータを紹介
※サバイバルモードを10回クリア、またはタイトル画面でコマンド「□◯△→↓↑×□」を入力し、「これで俺が最強だ・・・ハハハ」の台詞を出すことで、使用できる隠しキャラクターです。
ただし、ゲームの難易度を「ふつう」以上に設定した状態でプレイする必要があります。

仮面ライダーダークカブトとは

仮面ライダーダークカブトは、特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する仮面ライダーである「マスクドライダー」の1人で、主人公の天道総司に擬態した「ネイティブ」と呼ばれるワームが変身します。
マスクドライダーシステムの試作型で、システム第0号に相当するライダーであることからか、その姿は仮面ライダーカブトに酷似しています。
しかし、カブトとは違い、ボディカラーが黒を基調にしたものとなっており、上半身の装甲にはカブトにない模様も見られます。

ライダーベルトにカブトムシ型のコアである「ダークカブトゼクター」を装着することによって、仮面ライダーダークカブト(マスクドフォーム)に変身し、キャストオフによるライダーフォームへの2段変身とクロックアップも可能となっています。

基本的な性能は仮面ライダーカブトと同等ながら、変身者の闘争心や特殊能力から、他のライダーを凌ぐ力を発揮することができます。
戦闘スタイルも「ゼクトクナイガン」を使用するなど、カブトと似たものになっていますが、格闘ではかかと落としを得意とするなど、その戦法には違いも見られます。

擬態天道総司は、劇中では明るく無邪気な性格の人物として描かれていましたが、ゲームでは、ダークカブトの名前通り邪悪な面が強調されたキャラクターになっています。
必殺技「ライダーキック」のモーションも、ゲーム版独自のかかと落としと踏みつけによるものになっており、その違いを楽しむことができます。

スペック(仮面ライダーダークカブト)

データは(マスクドフォーム/ライダーフォーム)の順で掲載

  • 身長 190cm/195cm
  • 体重 132kg/95kg
  • パンチ力 8t/3t
  • キック力 10t/7t
  • ジャンプ力 ひと跳び20m/ひと跳び37m
  • 走力 100mを8.9秒/100mを5.8秒
  • 劇中での変身方法
    マスクドフォーム:ネイティブとして天道総司に擬態した人物が、自身の持つライダーベルトにダークカブトゼクターを装着することで、「Henshin」の電子音声とともに変身する。
    ライダーフォーム:マスクドフォームの状態から、腹部に付いたゼクターの角を右側に展開することでキャストオフし、マスクドのアーマーを弾き飛ばした後、「Change Beetle」の電子音声とともに変身する。

攻撃のアクション(仮面ライダーダークカブト)

基本攻撃(マスクドフォーム、ライダーフォームとも使用可能)
※方向キー(左スティック)は、プレイヤーが相手の横(画面左側)にいる場合の表記

コマンド 発動する攻撃
◯ボタン ひじ打ち2連発
◯ボタンを連続で押すと、パンチとキック、アックスによるコンボ攻撃
→+◯ボタン
(方向キーを相手の前方に入力)
大きく振りかぶる回し蹴り
ヒットすると相手を吹き飛ばす効果がある
↑+◯ボタンまたは↓+◯ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
かかと落とし
振り上げる足にも当たり判定があり、相手を浮かせてから地面に叩きつけて、ダウンさせる
←+◯ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
アックスでの振り上げ攻撃
相手の体を上へ大きく跳ね上げる効果がある
ジャンプ(□ボタン)中に◯ボタン ジャンプキック
×ボタン ガンによる銃撃5連射
カブトのようにアックスの追撃はしないが、発射のスピードは速い
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン アックスでの空中回転斬り
ジャンプ+◯ボタンよりも、やや滞空時間が長い
◯ボタン+×ボタン つかみ攻撃
相手の体を足場にして登り、より高い位置からのかかと落とし
相手のダウン中に×ボタン 踏みつけでの追撃
ダウンした相手の体を跳ね上げる
△ボタン
(紫色のゲージがたまった状態で)
キャストオフでライダーフォームにチェンジ
飛ばしたパーツには、吹き飛ばし効果がある

ライダーフォーム中の攻撃

コマンド 発動する攻撃
→+×ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
アックスでの前方斬りつけ
ヒットすると、相手を吹き飛ばす効果がある
↑+×ボタンまたは↓+×ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
クナイでの2回連撃
2撃目のヒットで、相手をよろけさせることができる
←+×ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
より速いクナイ2連撃
相手の体を浮かせる効果がある
×ボタン+□ボタン ライダーキック(特殊攻撃)
必殺技のものより威力は低いが、相手をよろけさせる効果があり、クロックアップゲージを大幅に上昇させることができる
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン+□ボタン 空中かかと落とし
ヒットすると、相手を吹き飛ばすことができる
相手のダウン中に×ボタン+□ボタン ジャンプ踏みつけでのでの追撃
ダウンした相手の体を跳ね上げる
△ボタン
(緑色のゲージがたまった状態で)
クロックアップ
高速戦闘や必殺技の使用が可能に
クロックアップ中に△ボタン 必殺技「ライダーキック」を発動
クロックアップ中に△ボタンを押すたびに「1」「2」「3」とカウントし、「Rider Kick」の電子音声が出る
この後さらに△ボタンを押すことでかかと落としからの踏みつけを行う

ダークカブトの戦い方

仮面ライダーカブトとほぼ同じ外見を持つダークカブトは、その見た目と違い、ほとんどの攻撃アクションがカブトとは異なるものになっているキャラクターです。

ダークカブトが使う「ゼクトクナイガン」は、ヘラクスやケタロスの物と同系統の武器ですが、他のキャラクターがアックスやクナイなど特定の形態だけを選んで戦うのに対し、ダークカブトはアックス、クナイ、ガンの3形態をバランスよく使用するという特徴があります。

キャストオフによるマスクドフォームからライダーフォームへの変身や、クロックアップ、必殺技コマンドなどの操作についてもカブトと同じですが、ライダーキックのアクションはカブトが回し蹴りなのに対し、かかと落としからの踏みつけに変わっています。

クロックアップ中の攻撃方法はカブトと同じく、×ボタン+□ボタンでのライダーキック(特殊攻撃)が有効ですので、必殺技を使用する前に使っておくといいでしょう。
ただし、この特殊攻撃は相手が空中にいる時やダウン中には使えないので、注意してください。

0