フォルミカアルビュスワームのキャラクターデータ

フォルミカアルビュスワームのキャラクターデータ

霧状の蟻酸と全身のトゲで戦うワーム
プレイヤーキャラクター、フォルミカアルビュスワームのデータを紹介

フォルミカアルビュスワームとは

フォルミカアルビュスワームは、特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する地球外生命体「ワーム」の一種で、実在する人間そっくりに姿を変える「擬態」という能力を持っています。

『カブト』の第15話と第16話に登場したシロアリをモチーフにした姿が特徴のワームで、口から吐き出される蟻酸によって対象を腐食させてから食らうという習性を持っているほか、全身のトゲで様々な物を粉砕することもできます。
劇中では、通常のフォルミカアルビュスワームの他、オキュルスやマキシラという個体も登場しており、擬態元である外科医の望みにより、入れ替わりで手術をするという行動が確認されました。

同作に登場するワームは、いずれもライダーと同じ「クロックアップ」を使用することができ、このワームも、高速での戦闘が可能となっています。

ゲームでは、劇中に登場した3種の内、フォルミカアルビュスワームだけがプレイヤーキャラクターとなっており、ワームの能力であるサナギ体からの脱皮や蟻酸による攻撃などが再現されています。

スペック(フォルミカアルビュスワーム)

フォルミカアルビュスワームのデータを掲載

  • 身長 218cm
  • 体重 132kg
  • 劇中での行動
    ・フォルミカアルビュスワーム:白色の体に黒色の模様を持つ個体。
    集団での活動を好んでおり、優秀な外科医である男性に擬態したが、この人物からの願いにより、交代で手術を行うようになっていた。
    さらに、仲間のワーム(オキュルス、マキシラ)も呼び出して最大4人で手術をするようになったが、天道にその正体を見破られ、カブト、ドレイク、ザビーと交戦。
    最終的に3体全てがライダーによって倒されている。

攻撃のアクション(フォルミカアルビュスワーム)

基本攻撃(サナギ体、成虫体とも共通)
※方向キー(左スティック)は、プレイヤーが相手の横(画面左側)にいる場合の表記

コマンド 発動する攻撃
◯ボタン 左手での打撃
◯ボタンを連続で押すと、左右の手によるコンボ攻撃
方向キーを入力した場合も同じ攻撃になる
ジャンプ(□ボタン)中に◯ボタン ジャンプキック
体がほぼ水平の状態で繰り出される
×ボタン 右手を突き出す攻撃
◯ボタン攻撃よりもリーチが長い
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン 空中できりもみキック
◯ボタン+×ボタン つかみ攻撃
相手を抱え上げて、前方に放り投げる
相手のダウン中に×ボタン 右手のカギ爪で追撃
ダウンした相手の体を跳ね上げる
△ボタン
(紫色のゲージがたまった状態で)
脱皮で成虫体に変身
実行すると体力の50%が回復する

成虫体での攻撃

コマンド 発動する攻撃
→+◯ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
カギ爪の付いた左腕で突き出す攻撃
ヒットすると、相手を吹き飛ばす効果がある
↑+◯ボタンまたは↓+◯ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
左腕を回転させて突き出す攻撃
ヒットすると、相手をよろけさせることができる
←+◯ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
左腕ですくい上げる打撃
相手の体を跳ね上げる効果がある
×ボタン 左腕での水平打ち
→+×ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
2段飛び膝蹴り
2発目がヒットすると、相手を吹き飛ばす効果がある
↑+×ボタンまたは↓+×ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
宙返りでのかかと落とし
ヒットすると、相手をダウンさせることができる
←+×ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
両手で叩き上げる攻撃
相手の体を跳ね上げる効果がある
×ボタン+□ボタン 口から蟻酸を吐きつける攻撃
多段ヒットする技で、相手を跳ね上げることができる
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン+□ボタン 宙返りキック
相手をを吹き飛ばす効果がある
相手のダウン中に×ボタン 左腕を叩きつけて追撃
ダウンした相手の体を跳ね上げる
相手のダウン中に×ボタン+□ボタン 蟻酸を吐きつけて追撃
相手の体を大きく跳ね上げる効果がある
△ボタン
(緑色のゲージがたまった状態で)
クロックアップ
高速戦闘が可能に

フォルミカアルビュスワームの戦い方

PS2版『仮面ライダーカブト』では、劇中に登場した3種類のフォルミカアルビュスワームの内、通常のフォルミカアルビュスワームだけが使用できるようになっています。

このゲームに登場するフォルミカアルビュスワームは、バトル開始時点の姿が脱皮前の「サナギ体」となっており、この形態では攻撃手段が少なく、防御力も低いため、ゲージを早くためて脱皮することが求められます。

ワームサナギ体は、◯ボタンの攻撃の際に方向キー(左スティック)を入力しても攻撃方法が変化せず、打撃や蹴りなどの攻撃でも大きなダメージは期待できません。
そのため、サナギ体の時は◯ボタン+×ボタンでのつかみ攻撃メインに戦い、最初は脱皮のためのゲージを稼ぐことに集中しましょう。
脱皮することによって、それまで受けていたダメージを大幅に回復したり、クロックアップが使用できるようになったりするだけでなく、攻撃のバリエーションも大きく広がります。

フォルミカアルビュスワーム独自の技としては、口から吐き出される蟻酸があり、連続ヒットでのダメージを与えることが可能です。
蟻酸は霧状に噴射され、その射程は短いものの、相手の体を大きく跳ね上げる効果もあります。
また、ジャンプ中の相手に対しては空中に、ダウン中に使用した時は地面にと、状況に応じて発射される方向も調整されます。

必殺技を持っていないキャラクターですが、カギ爪の付いた左腕での攻撃はリーチも長いため、近距離戦を中心に戦うと良いでしょう。
クロックアップ中は蟻酸で相手を浮かせてから、連続攻撃でダメージを与える戦法が有効です。

0