仮面ライダーヘラクスのキャラクターデータ

仮面ライダーヘラクスのキャラクターデータ

「NEO ZECTの力を思い知れ!」
プレイヤーキャラクター、仮面ライダーヘラクスのデータを紹介
※バスターモード(カブトルート)をクリア、またはバスターモードを通算20回以上コンティニューした状態でクリアすることで、使用できる隠しキャラクターです。
ただし、ゲームの難易度を「ふつう」以上に設定した状態でプレイする必要があります。

仮面ライダーヘラクスとは

仮面ライダーヘラクスは、特撮番組『仮面ライダーカブト』の映画作品『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』に登場する仮面ライダーである「マスクドライダー」の1人で、ZECTに反旗を翻した組織「NEO ZECT」のリーダー「織田秀成」が変身します。
劇場版だけに登場したライダーで、ヘラクレスオオカブトをモチーフとした銀色の体が特徴となっており、カブトと同系統の武器「ゼクトクナイガン」で戦います。

腕輪型のツール「ライダーブレス」に、昆虫型のコアである「カブティックゼクター」を装着することによって、仮面ライダーヘラクスに変身しますが、マスクドフォームの形態を持たないため、最初からライダーフォームとして戦い、クロックアップも可能となっています。

劇中でのヘラクスは、ゼクトクナイガンのガンモードとアックスモードを使用し、バランスのとれた戦いでNEO ZECTを牽引する存在として活躍し、仮面ライダーザビーを倒しましたが、仮面ライダーコーカサスには敗れてしまいました。

ゲームでは、劇中と同様にゼクトクナイガンによる戦いが可能となっており、映画でザビーを倒したときに使用された「ライダービート」で強化した技「アバランチブレイク」が必殺技として採用されています。

スペック(仮面ライダーヘラクス)

データはライダーフォームのもの(マスクドフォームを持たない)

  • 身長 197cm
  • 体重 100kg
  • パンチ力 4t
  • キック力 7t
  • ジャンプ力 ひと跳び37m
  • 走力 100mを5.4秒
  • 劇中での変身方法
    ライダーフォーム:NEO ZECTのリーダーである織田秀成が、右手首にはめたライダーブレスにカブティックゼクター装着することで、「Henshin」「Change Beetle」の電子音声とともに変身する。

攻撃のアクション(仮面ライダーヘラクス)

基本攻撃
※方向キー(左スティック)は、プレイヤーが相手の横(画面左側)にいる場合の表記

コマンド 発動する攻撃
◯ボタン パンチ
◯ボタンを連続で押すと、パンチ、キックとアックスによる連続攻撃
→+◯ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
アックス横薙ぎ攻撃
ヒットすると、相手を吹き飛ばす
↑+◯ボタンまたは↓+◯ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
アックス2連撃
2発目がヒットすると、相手の体を跳ね上げる
←+◯ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
拳での突きとアッパー
ヒットすると、相手の体を跳ね上げる効果がある
×ボタン アックス振り下ろし
→+×ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
射撃からジャンプ回し蹴り
相手を突き飛ばす効果がある
↑+×ボタンまたは↓+×ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
アックスを両手持ちで振り下ろし
ヒットすると相手がダウンする
←+×ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
アックスを大きく振り上げる
ヒットすると、相手の体を上へ大きく跳ね上げる効果がある
ジャンプ(□ボタン)中に◯ボタン ジャンプキック
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン 空中でのアックス回転斬り
ジャンプ+◯ボタンよりも、やや滞空時間が長い
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン+□ボタン 空中でのアックス振り下ろし
ヒットすると、相手を吹き飛ばすことができる
◯ボタン+×ボタン つかみ攻撃
頭突きからパンチ、ハンマーパンチ
×ボタン+□ボタン クナイガン3連射
相手のダウン中に×ボタン 足元にアックス振り下ろし
ダウンした相手の体を跳ね上げる
相手のダウン中に×ボタン+□ボタン 足元にクナイガンで射撃
ダウンした相手の体を跳ね上げる
△ボタン
(緑色のゲージがたまった状態で)
クロックアップ
高速戦闘や必殺技の使用が可能に
クロックアップ中に△ボタン 必殺技「ライダービート」を発動
クロックアップ中に△ボタンを押すことで、アックスが「Rider Beat」の電子音声とともに強化され、横一線に振りぬくことで対象を斬り裂く(アバランチブレイク)
△ボタンを長押しすることで、技がより威力の高い宙返りでの縦斬りに変化する

ヘラクスの戦い方

劇場版限定ライダーとして登場したヘラクスは、カブトと同系統の武器のクナイガンを使用するキャラクターで、その内の多くの攻撃がアックスを主軸にしたものになっています。

ライダーキャラクターのため、クロックアップでの戦闘も可能となっていますが、マスクドフォームを持たず、最初からライダーフォームで戦います。
ホッパータイプと同じく、クロックアップ終了時のゲージが50%の状態で戦闘を続けられるため、必殺技を利用して相手に多くのダメージを与えていきましょう。

クロックアップ中に使える「ライダービート」は、自身の腕力を強化するというものですが、ゲームではその後に発動する技までが1セットとなっています。
必殺技はクロックアップ中に△ボタン1回で即発動しますが、長く押し続けることでより威力のある縦斬りの技を出すことも可能です。

ただし、ために必要な時間がかなり長い(構えてからさらにアックスが光るまで待つ)ことや、飛びかかるような動きで発動するため、相手の近くで使用すると空振りになる可能性があることには注意しましょう。

0