仮面ライダーパンチホッパーのキャラクターデータ

仮面ライダーパンチホッパーのキャラクターデータ

「……汚してやる、太陽なんて!」
プレイヤーキャラクター、仮面ライダーパンチホッパーのデータを紹介
※バトルモードを仮面ライダーザビー 影山1人だけでクリア、またはサバイバルモードでアイテム「トロピカル・ラ・メーン」を通算30個取ることで使用できる隠しキャラクターです。
ただし、ゲームの難易度を「ふつう」以上に設定した状態でプレイする必要があります。

仮面ライダーパンチホッパーとは

仮面ライダーパンチホッパーは、特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する仮面ライダーである「マスクドライダー」の1人で、ZECTを追われる存在となった「影山瞬」が変身します。
「ホッパータイプ」と呼ばれる極秘裏に開発されたライダーシステムから生まれたライダーで、ショウリョウバッタをモチーフとした茶色の体が特徴となっており、武器を使わずに自身の体だけで戦います。

ベルト型のツール「ゼクトバックル」に、バッタ型のコアである「ホッパーゼクター」の茶色の面を表に向けて装着することによって、仮面ライダーパンチホッパーに変身しますが、マスクドフォームの形態を持たないため、最初からライダーフォームとして戦い、クロックアップも可能となっています。

パンチホッパーは、ホッパータイプのパンチ攻撃に特化したライダーで、劇中ではキックホッパーとなった矢車想によって、影山瞬が変身者に選ばれました。
設定上は、1組のバックルとホッパーゼクターによってキックホッパー、パンチホッパーのどちらにも変身可能ですが、『仮面ライダーカブト』の中では矢車、影山ともに形態を変化させることはなく、クロックアップも使用しませんでした。

ゲームでも、キックホッパーとパンチホッパーの変身者が入れ替わることはありませんが、それぞれクロックアップは使用可能で、パンチホッパーのライダーパンチも再現されています。
劇中と同様に、地獄兄弟でのコンビネーションによる戦いを体験しましょう。

スペック(仮面ライダーパンチホッパー)

データはライダーフォームのもの(マスクドフォームを持たない)

  • 身長 192cm
  • 体重 93kg
  • パンチ力 3t
  • キック力 6.5t
  • ジャンプ力 ひと跳び39m(ライダージャンプ使用時)
  • 走力 100mを5.6秒
  • 劇中での変身方法
    ライダーフォーム:地獄兄弟の弟である影山瞬が、ゼクトバックルを展開させ、ホッパーゼクターの茶色の側を前面にして装着することで、「Henshin」「Change Punch Hopper」の電子音声とともに変身する。

攻撃のアクション(仮面ライダーパンチホッパー)

基本攻撃
※方向キー(左スティック)は、プレイヤーが相手の横(画面左側)にいる場合の表記

コマンド 発動する攻撃
◯ボタン パンチ
◯ボタンを連続で押すと、パンチによる連続攻撃
→+◯ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
ワンツーパンチ
2発目がヒットすると、相手を吹き飛ばす
↑+◯ボタンまたは↓+◯ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
ワンツーパンチ
ヒットすると、相手がよろけてダウン
←+◯ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
2連続アッパー
リーチは短いが、相手の体を上へ大きく跳ね上げる効果がある
×ボタン ワンツーパンチ
→+×ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
前進しながらのアッパー
ヒットすると、相手を突き飛ばす効果がある
↑+×ボタンまたは↓+×ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
3連続パンチ
ヒットすると、相手の体を上へ大きく跳ね上げる効果がある
←+×ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
アッパー
ヒットすると、相手の体を上へ大きく跳ね上げる効果がある
ジャンプ(□ボタン)中に◯ボタン ジャンプキック
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン 空中での回転パンチ
ジャンプ+◯ボタンの攻撃よりも、やや滞空時間が長い
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン+□ボタン 斜め下にパンチ
ヒットすると、相手を吹き飛ばすことができる
◯ボタン+×ボタン つかみ攻撃
相手に密着した状態でパンチ連打
×ボタン+□ボタン 相手の近くで入力すると3連続のパンチ攻撃、離れた場所で入力するとライダーパンチ(特殊攻撃)となる
3連続パンチに浮かせ、ライダーパンチに吹き飛ばし効果あり
相手のダウン中に×ボタン ジャンピングパンチ
ダウンした相手の体を跳ね上げる
相手のダウン中に×ボタン+□ボタン ジャンピングパンチ
与えるダメージは、×ボタンよりもやや多い
△ボタン
(緑色のゲージがたまった状態で)
クロックアップ
高速戦闘や必殺技の使用が可能に
クロックアップ中に△ボタン 必殺技「ライダーパンチ」を発動
クロックアップ中に△ボタンを押すことで、「Rider Jump」の電子音声とともにジャンプ準備体勢をとり、さらに△ボタンを押すことで「Rider Punch」の電子音声と同時にジャンプパンチを繰り出す
△ボタンを連打した場合、多段ヒットするパンチに変化する

パンチホッパーの戦い方

闇に落ちた影山瞬が変身して戦うパンチホッパーは、ザビー影山と同じく、ほとんどパンチだけで戦うキャラクターとなっています。

ライダーキャラクターのため、クロックアップでの戦闘も可能となっていますが、マスクドフォームを持たず、最初からライダーフォームで戦います。
他のキャラクターと比較して、攻撃の有効範囲は短いですが、ボタン入力から攻撃が発動するまでのスピードが速く、1対1での戦いに強いことが特徴となっています。

また、通常のライダーはクロックアップ終了時にゲージが0となるのに対して、パンチホッパーはゲージが50%の状態で戦闘を続けることが可能となっています。
キックホッパーと同じく、マスクドフォームを持つライダーよりもクロックアップを連続で使用できることが、パンチホッパーのメリットの一つと言えるでしょう。

クロックアップ中に使える必殺技「ライダーパンチ」は、△ボタンを1回押すと準備体勢となり、もう1度押すことでジャンプパンチを放ちます。
必殺技を使用する時に△ボタンを繰り返し押すと、発動までの時間が少し長くなりますが、その分威力のある連打でのライダーパンチを出すことができるので、より多くのダメージを与えるために活用しましょう。

ホッパータイプの必殺技は、やや使い方に癖がありますが、ぜひ使いこなせるように練習してみてください。

0