仮面ライダーザビー 影山のキャラクターデータ

仮面ライダーザビー 影山のキャラクターデータ

「パーフェクトハーモニー第二章、新たなる完全調和の始まりだ」
プレイヤーキャラクター、仮面ライダーザビー 影山のデータを紹介
※バトルモードを仮面ライダーカブト1人だけでクリアすると使用できる、隠しキャラクターです。
ただし、ゲームの難易度を「つよい」に設定した状態でプレイする必要があります。

仮面ライダーザビーとは

仮面ライダーザビーは、特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する仮面ライダーである「マスクドライダー」の1人で、劇中ではZECTの精鋭部隊「シャドウ」3人目のリーダーとなった「影山瞬」が変身しました。
マスクドライダーシステム第2号のライダーで、スズメバチをモチーフとした黄色い体が特徴となっており、単独での戦闘以外にゼクトルーパーを指揮しながらの集団戦闘を行うこともあります。

腕輪型のツール「ザビーブレス」にスズメバチ型のコアである「ザビーゼクター」を装着することによって、仮面ライダーザビー(マスクドフォーム)に変身し、キャストオフによるライダーフォームへの2段変身とクロックアップも可能となっています。

3人めのザビー適格者である影山の戦闘スタイルは、矢車の場合と異なり、パンチでの攻撃を主体とるボクサーのような攻撃が特徴となっています。
また、ザビーゼクターの針によって繰り出される「ライダースティング」のモーションも、矢車がストレートパンチなのに対して、アッパーのように下から突き上げる方式となっています。

仮面ライダーザビー 影山は、このゲームの隠しキャラクターとなっており、使用するためにはバトルモードを仮面ライダーカブトの1Pのみ(パートナーがいない状態)でクリアする必要があります。
このゲームでは、隠し要素の多くが難易度「ふつう」以上でのクリアを獲得条件にしていますが、この隠しキャラクターだけは、難易度「つよい」でのクリアが必須となっています。
バトルモードで対戦する相手はランダムですので、勝つことが難しい場合は、コンティニューを繰り返すよりも1ステージ目からやり直した方がいいかもしれません。

スペック(仮面ライダーザビー)

データは(マスクドフォーム/ライダーフォーム)の順で掲載

  • 身長 192cm/192cm
  • 体重 127kg/92kg
  • パンチ力 8t/3t
  • キック力 9t/6t
  • ジャンプ力 ひと跳び21m/ひと跳び39m
  • 走力 100mを8.6秒/100mを5.6秒
  • 劇中での変身方法
    マスクドフォーム:シャドウのメンバーで、後にリーダーに昇格した影山瞬が、左手首にはめたザビーブレスにザビーゼクターを装着することで、「Henshin」の電子音声とともに変身する。
    ライダーフォーム:マスクドフォームの状態から、ゼクターの羽根を前方に向け、その胴体を回転させることでキャストオフし、マスクドのアーマーを弾き飛ばした後、「Change Wasp」の電子音声とともに変身する。

攻撃のアクション(仮面ライダーザビー 影山)

基本攻撃(マスクドフォーム、ライダーフォームとも使用可能)
※方向キー(左スティック)は、プレイヤーが相手の横(画面左側)にいる場合の表記

コマンド 発動する攻撃
◯ボタン パンチ
◯ボタンを連続で押すと、最大4連続のパンチによる連続攻撃
ただし、4発目は裏拳のため、動きがやや遅い
→+◯ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
やや低めの姿勢で2連続パンチ
2発目がヒットすると、相手を吹き飛ばす
↑+◯ボタンまたは↓+◯ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
リーチの短いワンツーパンチ
2発目がヒットすると、相手がよろけてダウン
←+◯ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
左右2連続でのアッパー
2発目は、相手の体を上へ大きく跳ね上げる効果がある
ジャンプ(□ボタン)中に◯ボタン ジャンプキック
ザビー影山の数少ないキック攻撃
×ボタン ワンツーパンチ
ジャンプ(□ボタン)中に×ボタン 空中での回転パンチ
ジャンプ+◯ボタンの攻撃よりも、やや滞空時間が長い
◯ボタン+×ボタン つかみ攻撃(パンチ6連打)
相手にパンチ連打で攻撃し、最後のパンチで吹き飛ばす
相手のダウン中に×ボタン 斜め下前方に追い打ち攻撃
ダウンした相手の体を跳ね上げる
△ボタン
(紫色のゲージがたまった状態で)
キャストオフでライダーフォームにチェンジ
飛ばしたパーツには、吹き飛ばし効果がある

ライダーフォーム中の攻撃

コマンド 発動する攻撃
→+×ボタン
(方向キーをキャラの前面に入力)
斜め下からスライドさせるようなパンチ
ヒットすると相手を吹き飛ばすことができる
↑+×ボタンまたは↓+×ボタン
(方向キーをキャラの側面に入力)
パンチ2発からの立ちキック
2撃目のヒットで、相手をよろけさせることができる
←+×ボタン
(方向キーをキャラの背面に入力)
3連続でのパンチ攻撃
2発目で相手がよろけ、3発目にダウンさせる効果がある
×ボタン+□ボタン ライダースティング(特殊攻撃)
このコマンドでザビーがゼクターのスイッチを押すポーズをとる
その後に◯ボタンか×ボタンを押すことで発動する
ジャンプ中に×ボタン+□ボタン 斜め下にパンチ
ヒットすると、相手を吹き飛ばす
相手のダウン中に×ボタン+□ボタン 斜め下へのパンチで追撃
△ボタン
(緑色のゲージがたまった状態で)
クロックアップ
高速戦闘や必殺技の使用が可能に
クロックアップ中に△ボタン 必殺技「ライダースティング」を発動
クロックアップ中に△ボタンを押すことで、「Rider Sting」の電子音声とともに針で突き刺すアッパーを繰り出す
また、△ボタンを長押しすることで攻撃方法が変化する

ザビー影山の戦い方

影山瞬が変身して戦うザビーは、必殺技以外で武器を使用しないほか、攻撃のほとんどがパンチによるものであるという特徴を持ったキャラクターです。

ザビーの攻撃は、その多くがリーチが短いものであることから、マスクドフォームでは◯ボタン+×ボタンでのつかみ攻撃をメインにして戦い、相手に距離を取られないようにします。
ライダーフォームになってからの方向キー前面+×ボタン攻撃は、矢車と違いリーチの短いアッパーですので、↑+×ボタンのような連続ヒットのできる攻撃でゲージをためましょう。

ライダーフォームでは、×ボタン+□ボタンを押すとライダースティング(特殊攻撃)の発動準備を行い、追加入力したボタンによって二通りのスティング攻撃を繰り出すことも可能です。
×ボタンでは、相手をダウンさせる一撃のスティングを発動し、◯ボタンの場合は、タイミングよくコマンドを入力することで連撃ができます。
コマンドは、×ボタン+□ボタンでの発動準備から、◯、×、×、◯、×+□で、全てヒットすれば必殺技並みのダメージを与えることが可能です。
技の使い方や威力は矢車のものと変わらないので、この技はザビー矢車と同じ感覚でを使うことができるかと思います。

クロックアップ中に使える必殺技「ライダースティング」は、発動に使用する△ボタンを長く押すことで、威力を上げることができます。
ザビー影山の場合、長押しするとゼクターが1回だけ光るので、そこでボタンを離すと威力のアップしたスティングを放ちます。

ザビー影山のライダースティングは、モーションがアッパーになっているほか、繰り出すスピードもやや速くなっているので、クロックアップの時間は他の攻撃にもあて、時間切れ寸前に発動すると効率よくダメージを与えることができるでしょう。

0