ゼクトルーパーのキャラクターデータ

ゼクトルーパーのキャラクターデータ

「全ての敵を排除する!」
プレイヤーキャラクター、ゼクトルーパーのデータを紹介
※ゼクトルーパーは最初から使用可能ですが、その上位であるゼクトルーパーシャドウは隠しキャラクターとなっており、バトルモードをゼクトルーパー1人でクリアすることで解放されます。
ゲームの難易度は問わないため、クリアが難しい時には「とてもよわい」に設定した状態でプレイするといいでしょう。

ゼクトルーパーとは

ゼクトルーパーは、特撮番組『仮面ライダーカブト』に登場する地球外生命体「ワーム」に対抗する組織「ZECT」に所属する汎用戦闘員です。

『カブト』の劇中で描かれたライダーとワームの戦いでも多く登場しており、そのほとんどが集団で行動しています。
ゼクトルーパーの基本装備は、アリをモチーフにしたフルフェイスのヘルメットとBDU(バトルドレスユニフォーム)と名付けられた戦闘服で、刃の付いた銃器「マシンガンブレード」で戦います。

マスクドライダーと違い、クロックアップなどの能力も持っていませんが、的確な指示による集団での戦法によってワームに対抗しています。
特に仮面ライダーザビーが指揮する部隊「シャドウ」は、本部直属の精鋭で、ザビーの統率力によって数々の実績を上げました。

ゲームでは、クロックアップが使用できないキャラクターとして、苦戦を強いられることも少なくありませんが、選択方法によっては集団での戦闘も可能となっており、チームによる銃撃で強敵に立ち向かっていきます。

スペック(ゼクトルーパー)

ゼクトルーパーのデータを掲載

  • 身長 170~190cm
  • 体重 70~90kg
  • 劇中での行動
    ・ゼクトルーパー:ZECTの戦闘員として、対ワーム戦の様々な現場で登場。
    マシンガンブレードで、ワームサナギ体を撃退したこともあるが、脱皮したワームには対抗できず、一方的に攻撃されることが多かった。
    ・ゼクトルーパーシャドウ
    ZECTの特殊部隊「シャドウ」に所属するゼクトルーパーの精鋭部隊
    通常のゼクトルーパーとの違いとして、ヘルメットと戦闘服に金色のラインが入っているという点がある。
    仮面ライダーザビーの指揮によって、統率された集団戦闘を行う。
    ※その他、劇中では訓練生の「ブライトルーパー」、劇場版に登場した「ネオトルーパー」などのバリエーションも存在する。

攻撃のアクション(ゼクトルーパー)

基本攻撃
※方向キー(左スティック)は、プレイヤーが相手の横(画面左側)にいる場合の表記

コマンド 発動する攻撃
◯ボタン マシンガンでの射撃
◯ボタンを連続で押すと、ブレードでのコンボ攻撃
方向キーを入力した場合も同じ攻撃になる
×ボタン マシンガン連射
最後の1発がヒットすると、相手の体をわずかに跳ね上げる
方向キーを入力した場合も同じ攻撃になる
ジャンプ(□ボタン)中に◯ボタン ジャンプキック
相手のダウン中に×ボタン ローキック
ダウンした相手の体を跳ね上げる

ゼクトルーパーの戦い方

PS2版『仮面ライダーカブト』では、ゼクトルーパーとゼクトルーパーシャドウをプレイヤーキャラクターとして使用することができます。

このゲームでのゼクトルーパーは、他のキャラクターが持つクロックアップやつかみ攻撃、□ボタン+×ボタンによる技の多くが用意されておらず、近接での攻撃も弱いことから、単独での戦闘は困難なキャラクターとなっています。

ただ、プレイヤーのパートナーとして選んだ場合は、3人のゼクトルーパーがチームとして参加するため、サブキャラクターに使用することで他のキャラクターにない集団戦闘が可能となっています。

ゼクトルーパーシャドウは、通常のゼクトルーパーよりも攻撃力と防御力がやや高い点を除けばほぼ違いはないようです。
いずれの場合も、相手の背後から×ボタンでのマシンガン攻撃をメインに戦い、敵に近寄られないようにすることが重要となります。
マシンガン連射中は移動することができませんが、R2ボタン+×ボタンのフリーランで射撃をキャンセルすることもできるので、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

ゼクトルーパーシャドウは隠しキャラクターとなっており、解放するには最低1回はゼクトルーパー1人でバトルモードをクリアしなければなりませんが、対戦相手によってはコンティニューしても勝つことが難しい場合もあります。
なかなか勝てないときは、一度ゲームオーバーにしてバトルモードを最初からやり直してみてもいいでしょう。

0